Return to site

2019年 8月8日 蠍座 上弦の月のメッセージ

· Astrology,Moon Cycle

長かった梅雨が水星の逆行とともに終わったら、8月は猛暑続き!ですね。

少し間が空いてしまいましたが、7月下旬の満月を過ぎて、私自身にも目まぐるしく変化や変容が起こっていたために、余りにも意識概念が書き換わることが多くて、ここしばらくはモゴモゴと言葉が全然まとまらず・・しばらくブログを書けずにいました。。(今もまだモゴモゴしています・・笑)

日蝕や月蝕のあった先月は、多くの方にとって何かキツさがあったと思います。

停滞感や揺れ動きがありながらも、いま取り組む必要のある大切なチャレンジが何かを見つけたり、自分を見つめ直したり、仕切り直したり、改めて覚悟したり・・と、

次のステージへの準備となる心の整理や変革が起きていた方が多かったと思います。

この1日の新月からずいぶん空気感も変わりましたが、毎日の質量がものすごくて、この夏はとても強いエネルギーが降り注いでいる感じがしますね。

日々、刻々と心の変化や気づきが起きていて、眠くなったり、体調を崩したり、頭がボーッとして動かなくなったりなど、心身ともに変化がたくさん起きている方も多いと思います。

夏の暑さに加え、強い変容のエネルギーが降り注いでいるので、エネルギー枯れのような感覚も起きやすく、とても疲れを感じやすい時だと思います。

明日8日(ジャストタイムはAM2:30頃なので今夜)は、さそり座で上弦の月を迎えます。

変化を後押しするパワフルな力を受けて、たくさんの過去の清算や浄化とともに、私たちは過去これまでにずっと超えることのできなかった自己に立ち向かい、乗り越えるプロセスを通して

新しい「わたし」のはじまりへ・・宇宙のパワーに押し出されるように、変化し、進化することを促されている時だと思います。

この夏はそれぞれ、誰にとっても「生まれ変わる」ようなプロセスが起きて、たくさんの方々に、古いレール(機能しなくなった人生観や囚われ)からの解放と、

真実の自分を生きる新しいはじまりに向けた変革が起こっているのではないでしょうか。

夏至以降、この7月からは特に、古いレールの卒業を迎えている方、卒業に向かおうとしている方が多くいらっしゃると思います。

過去からの解放、親子関係にある負の連鎖からの解放、ずっと超えることのできなかった(過去世からのカルマ)課題を超えるための流れの中で、

逃げられない(変わらざるを得ない)!!逃げないぞ(変えていくぞ)!!と、強く意志を持って古いレールを壊している方もいらっしゃると思います。

自分の一番苦手なところや、過去ずっと乗り越えることのできなかったテーマへのチャレンジが起きていた方が多いかもしれません。

また、ここのところ水面下で整理されてきた過去のエネルギーの切り離しが、現実のレベルに現れをもって、起き始めている方もいらっしゃると思います。

魂の使命や志に見合わないもの、魂の願いではないこと、前進するために不要になった過去のエネルギー(もの・人・こと・心)は、現実のレベルでも切り離しが起き始めていきます。


そのような方は、引越しや仕事のフィールドの変化など、新しいレールのスタートに向けた環境や心身を整える準備がどんどん始まっているでしょう。

6月の夏至のあたりから、目まぐるしく、たくさんの心境や環境の変化が起きてきた方が多いと思いますが、

この上弦の月から15日に迎える水瓶座の満月のあたりで、ここしばらくの大きな変革の流れに、一旦の着地点や仕上げを迎える方が多いのではないかな〜と思っています。

ここまでの変化の流れにひと段落がついて、何らか自分のここから向かう流れや新たなフェーズのはじまりが、より明確になってくる頃だと思います。

宇宙(ホロスコープ)から今を見据えてみても、今という時は、時代の大きな変革の時期になっています。

革命の真っ只中にいる時は、ただただ必死に生きることしかなくて、その変化がどれ程のものか、その全貌などは客観視できるものではない、わかりにくいものだろうと思いますが、

後で少し先の未来で今を振り返った時に、間違いなくあの頃(2012年頃から)の辺りが起点になって『今』の世の中を作っているよね~!というような時代の過渡期とも言えます。

世界や社会レベルだけでなく、個人のレベルでも。

まさに人生の過渡期・変革期にいる方が多いのではないかな、と思います。

ひと昔前と違って、今を生きる私たちの現実は、いつの間にか、時間や空間の概念も変わっていますよね。

どんどん世界はスピードを増して、新しい時代の変化をし続けています。

私たちは、自分の生き方をしっかり見出さなければ、

つまり、自分の生き方や幸せに責任を持たなければ、

地球ごと周波数が変化して自由度が増し、多様化した価値観とスピード社会の変化の流れの中では、

自ら方向性(自分軸)を持っていなければ、とても生きにくい時代になっているように思います。

逆に、自分の生き方が定まり、自分であることの「個」の精神的・現実的な自立の基盤がしっかりと出来ていたら、

自由に思い通りに生きることが、ひと昔前に比べてずっと容易になっている世界でもあります。


いま、本当の意味で「自立」して生きることの「個」の完成に向かっている方が多いですね。

ここで離婚を決めたり、新たな道へ進むことを決めたり、自分の本当の幸せな生き方に向かって、人生の軌道を大きく変化する流れに入っている方が多くいらっしゃるな~!という印象です。

私は「自立」というのは、本来の(真実の)自分とは何者かを知って、本来の生き方に目覚め、

それを現実に実践し、体現して生きている状態のことだと思っているのです。

自分のパワーで自分を幸せにすることができる、本来の力や可能性に目覚めて生きている状態、とも言えるかもしれません。

いま、たくさんの方が、自分の真実の生き方に目覚めはじめて、自分自身や、人生の新たな「誕生」を迎えようとしている時なのだと思います。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK