サイトへ戻る

水星の逆行について・・

· Astrology

昨日17日から魚座の水星が逆行を始めています。また殆ど同時に、火星も射手座から山羊座に入りました。

ここから来月3月10日までが今回の魚座の水星逆行期間となっています。

今回の水星逆行は魚座の12度から逆行して、3月4日には一旦水瓶座の終わりの度数まで戻っていきますので、

今年の始まりの合図を迎えた2月の立春のあたりに起きたこと、想っていたことや気づきを振り返って、見直ししてみるといいですね!

この魚座の水星逆行は、海王星や山羊座に入った火星、ドラゴンヘッドと絡んでいますから、今年の春分前にもう一度しっかりと魂の願いやチャレンジを見つめて、具体的に取り組むべきことの優先順位をつけたり、足元をしっかり固めましょうね!

という時間だと思います。

過去これまでにずっと願っていたことや、突破口が見えなかった物事に、新しい風が吹いてくることもあると思います。

今年に入ってから立春のあたりまでに、新しい可能性やチャンス、夢やビジョン、目標がしっかりと掴めた方にとっては、

この水星逆行の期間は、ここから新たなフェーズを迎える前の良い作戦会議の時間となりそうです。

夢やビジョン、アイデアを今年しっかりと具現化するための橋渡し期間となりそうな今回の魚座の水星逆行の時間を、上手に味方につけていけるといいですね!!

また立春から9日の獅子座の満月あたりに「わかったつもり・乗り越えたつもり・できたつもり」になっていた未完了の課題が浮上した方にとっては、ここで本腰を入れて課題を乗り越えることへ取り組むチャンスを与えてくれる期間となりそうです。

今、少し色々な壁があってしんどいな~という方とっては、宇宙の合図(魚座の大きな愛と癒しの気づき)が、たくさんもたらされる時ですから、じっくりと癒しや浄化に取り組むといいと思います。

辛く苦しいと感じる出来事は、あなたが今こそ自分にかけられた呪縛を解き放ち、不必要な思い込みから解放される時がきたという合図です。

繰り返されるネガティブなパターンの景色は、今こそ、あながた過去の辛く許せない記憶を癒すことができる時に来たという合図です。

思うようにならない出来事は、あなたがもっと自分に自由を与え、自分のパワーで人生を切り開いていくことができる時に来たという合図です。

嫉妬したり誰かと比べたり、自信がなくなってしまうような出来事は、あなたが自分の本当の価値や魅力や才能に気づく時に来たという合図です。

今いろいろと願いが叶い始めている方、新しいチャンスや可能性が示されている方は、

さらに自分を信頼し、宇宙を信頼し、前進しながら、自分の本来のパワーをいよいよ発揮していく「魂で生きる!本番スタート」の合図です。

目の前に起こっている全ては、あなたがもっと幸せに、自分らしく生きるために起きている=もたらされているのです。

どんなことも、あなたへ向けられた宇宙からの合図(愛)であることを知っていましょうね。

いま、あなたにもたらされている「合図(愛)」はなんでしょうか?

今の自分にもたらされている宇宙からの「合図(愛と気づき)」を受け取ってみましょう!!

明日19日には太陽が魚座に入り、24日は魚座の新月を迎えます。

新月に向かって、過去を一旦整理し、ここからのビジョンや目標を見直し、ここから先に不要なエネルギー(もの・こと・人間関係など)を断捨離&手放して軽やかにしていきましょう。 

自分がここから何を大切にしていくか?どの取り組みから始めていくか?など、自分自身や目指す未来に向けて「優先順位」をしっかりと決めていきましょう。

《水星の逆行について》

そもそも・・水星逆行とは言ってもホロスコープの上では逆回りになりますが、本当に実際の水星の軌道が逆行しているわけではありません。

地球と水星の位置関係によって、地球からは逆戻りしているかのように見える!ということです。

占星術では太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星と10天体を扱いますが、常に地球の周りを動いているこれらの惑星は、水星だけではなく、太陽と月以外の他の惑星もすべて逆行期間があり、逆戻りしているように見える期間があります。

占星術では、この逆行の間は、惑星の本来持つ性質や象意が十分に発揮されずに、何かと問題が起こりやすいと捉えられます。

水星は一番多く逆行します。1年で3~4回の逆行があり、1回の逆行期間は大体3週間です。

1年に3~4回、水星の逆行を通して、宇宙は私たちに少し立ち止まって「じっくりと見直し」するチャンスを与えてくれているのだと思います☆

水星がつかさどる意味は、読むこと、書くこと、話すことなど、

コミュニケーションや知性、そして、ビジネスや交通機関、短期の旅行など。

逆行期間中は、水星が司っている分野にトラブルが起こりやすくなると考えるのです。

(特に今年は、コロナウイルスの感染が広がっていることで、不必要な移動を避けたり、輸出入の制限が起きたりなど

交通機関やビジネス上での混乱はすでに始まっていますね。。)

たとえば・・・

仕事や計画の遅延、延期やメールの返信、手紙の返信など、「返事」がなかなか来ない。

意思疎通がうまくいかない。勘違いや誤解が多くなる。

計算間違いが増える。やり直し、見直しが必要になる。

コンピューターの故障や交通機関の遅延、トラブル等があげられます。

連絡のやり取り、パソコンや通信関係の不具合などは、いつもより意識しておくといいですね!


交渉・契約が不履行になりやすい。

大きな買い物や決断なども、見直しが入る可能性があります。

不履行になったり見直しが入るというのは、今は決まらない方がいい場合だと思います。大抵、後になって、うまくいかなくてよかった~という意味がわかることがあります!

なので、スムーズに進まなかったとしても、もっと良いことに繋がっていると考えましょう!!

それから、人によっては眠気や体調不良、ぼんやりとしてしまい集中力が散漫になることもあるかもしれません。

特に今は海王星が近くにいるので、ぼーっとしやすいかもしれませんね・・笑

また、水星逆行期間に新しいことを始めると、なかなか思うように進まなかったり

再びの見直しが入ったりすることになりやすい傾向があります。

ですから、この期間は新しいことをスタートさせるよりも、むしろ以前やりかけて、そのまま置き去りにしていたような物事の整理や仕上げに取り組むと良いです。

また、前にいちどダメになったもの(夢やアイデア)に再チャレンジしてみたりするのもよいかもしれませんね。

昔失くしたものが戻ってきたり、再会のチャンスなども巡りやすいです。

水星逆行期間を上手に乗り切るためには、

ゆっくり、丁寧に、時間をかける。期待通りにいかなくても気にしない。

メール、電話、ファックスなどの通信のやりとりは慎重に行う。

いつもより時間に余裕を持つ。

相手の真意を悪く受け取らないなど、コミュニケーションに注意を払う。

決断や契約をする場合は、注意深く慎重に考えてみる・・など、心がけてみてくださいね。

水星逆行期間は、物事が全体的にペースダウンしやすい時期でもあります。

敢えて、のんびりしても良いかもしれませんね。

前進ばかりしてきた人にとっては、良い意味で後ろを振り返るチャンスにもなります。

水星の意味する知性的な面や思考が内向するため、今後に向けてじっくりと構想を練ったり、

自分の内面や心を深く見つめたり、これまでのことをゆっくりと振り返るような作業には最適の時期になります。

宇宙がもたらしてくれる水星逆行の期間を単純に「物事が停滞し、うまくいかない時期」と捉えるのではなく、
ご自分のためにこの期間を上手に味方につけていきましょうね!!

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK