Return to site

2019年6月10日 乙女座 上弦の月のメッセージ

· Astrology,Moon Cycle

6月10日の14:59頃に、月は乙女座で上弦の月となります。

先週3日の新月を過ぎて、5日に水星が蟹座へ移動し、今日9日は金星が双子座へと移動しました。

明日10日の上弦の月は、太陽(双子座)・月(乙女座)・木星(射手座)・海王星(魚座)を結ぶ柔軟宮のグランドクロスが起こります。

またグランドクロスと重なるように起きているミスティックレクタングルは、蟹座の火星とドラゴンヘッドの対岸に、山羊座の土星と冥王星の重なる強い葛藤に、月と海王星が愛を送っています。

いま活動宮と柔軟宮に天体が集まって、現実にも精神的にもダイナミックな変化の時だと感じています。

今月に入って新月から今日までの間にも、心が大きく揺れ動いたり、心身ともに浄化(癒し)が起きたり、

また何か大きく突破する方向へ一歩を踏み出した方もいらっしゃると思います。

今年に入ってから、そして、この春からここまでの間に精神的な成長や解放と、それに伴う現実の大きなステージアップの変化を迎えた方も多いと思います。

本当の自分であるための生き方、ご自分の大切にする価値観を貫いて、ここまで舵を切りながら軌道修正しながら、魂の望む生き方へと変革を促されてきた方々にとっては、

この夏至から秋に向けて、更なるシフトチェンジと大きくステージアップして飛躍していくことのできる、大事なターニングポイントの始まりの時だと思います。

今新しいことがスタートして動き出している方、ここからスタートをしようとする方、今までの取り組みをステージアップしていく方にとっては、

ここからの新たなチャレンジや活動の基盤固め、ステージの拡大に向けて、思いっきり!思い切って!取り組んでいくことのできる時だと思います。

土星と木星がきっちりセミセクスタイルをとって、強く押し出すような、高くジャンプすることを促すような、突破と拡大のエネルギーをもたらすこの夏の動きは、ここから8月の後半まで続いていきます。

ここから飛躍するために、夏至までの間に、今日まで乗り越えてきた沢山の成長を喜びながら、

あなたの大切な生き方(価値観)、自分の志、初心に還って今の自分自身や取り組みの原点にある大切な想いや魂の願い(祈り)を確認してみてください。

自分の内の原点にある「愛」や「志」が真っ直ぐ歩き続ける力となり、あなたを支えてくれるでしょう。

このブログを読んでくださる皆さんのように、魂の進化(精神的成長、自己成長)をすることを願って(選んで)いる方にとって、

この夏は、魂の願う人生を生きる「はじまりの時」でもあり、魂の望む人生を歩き始めている人たちの可能性が更なる広がりや成長へと向かうシフトチェンジの時となります。

また、今はまだ、もう一山ふた山、乗り越えなければならない大きな壁の前にいらっしゃるように感じている方も多いのではないかと思います。

夏至に向けて、大きく前進するための大切な選択や決断を促される時でもありますが、

この上弦の月と次の満月、夏至までの時間は、壁を乗り越えるためのプロセスにあって、強く葛藤が起きたり混沌としやすい時でもあります。

そのため、今週、来週はまだ、何かを決めることができなくて、葛藤する想いが行ったり来たりするかもしれません。

また、起きてくる様々な現実の出来事や他者からの声に振り回されやすい時でもあります。

自分を見失わずにいましょう。

自分の目指す方向や、志すビジョンを信じて。

未来を信じて。

あなたを支えてくれる大切な人を信じて。

導いてくれる天を信じて。

誰よりも、自分を信じて。

いまは大変だと思うかもしれませんが、大きく突破することのできるチャンスの時です。

超えていくために今はもう一度、深く自分の大切にしている想い(魂の声)に耳を傾けて、自分の声(本心)を掘り起こすことが求められるタイミングです。

いま私の周りでも本当にたくさんの人が、

自分の魂の願いに沿わないことは手放すことを促され、魂の願いに沿うために、どうしても克服する必要のある課題や物事を見つめる機会がもたらされています。

心の奥底にある願い、魂が望むことは、

思考や現在意識で願っている(エゴ)ことと相反することも多いために混乱したり抵抗をします。

そして、その抵抗や混乱の中で苦しみや哀しみを感じます。  

先週の新月あたりから、過去ずっと超えることの出来なかった壁を乗り越えることを心に決めて、自らの限界を超えることを促されるタイミング。

過去から今の流れに続いているレールの上をそのまま走ることをせずに、

未来の大きな可能性に向けて新しいレールへと乗り換えていく・・そんなタイミング。

この乗り換えのプロセスの中で変化し、変容することを促されて、葛藤や苦しみを感じている方も多いと思います。

同時にそれは、いま、それぞれに大きな変化のプロセスを通過して、新しい可能性への扉をひらくチャンスがもたらされているとも言い換えることができます。

変わらないでいようとすると、抵抗を生み、苦しみを感じます。

変化せざるを得ないときには降参して受け入れること。

(良い意味で「諦める」「開き直る」とも言い換えられるかもしれません)

変化することを望んでいても、怖れが強い時には、微かでも確かにそこにある自分の声を感じてみましょう。

自分の魂の声に耳を澄まして・・静寂を呼び込みましょう。

そうして内なる声の情熱や生きたいと叫ぶ

そのパワーが自然と蓄えられて

動き出そうとするのを待ってみましょう。

その間に焦ったり、無理に前進しようとしたり、力を入れて頑張ろうとしないこと。

植物が、種から芽を出し葉を広げ、太陽へ向かって花が咲くように・・

自然の力を信じて任せるのです。

変容するときには、その花ひらくことへ向かおうとするパワーがいっぱいになるまで、じっと堪えて抗わないこと。

私たちは、そのような自然と花ひらく力を誰もが持っているのです。

内なる太陽を見つめてください。

その光の方へ・・


新しい可能性に向かって

必ず、魂(いのち)は花ひらくのです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK