Return to site

2019年4月13日 蟹座 上弦の月のメッセージ

自分を信じて未来へ向かっていくとき・・

· Moon Cycle,Astrology

今日13日のAM4:05頃に

月は蟹座で上弦の月となります。

満月へと向かい、満ちていく半月。

月は少しずつ輝きを増します。

上弦の月は、植物にたとえると

地中深くへと更に根をおろし、

太陽の光へと大きく葉を広げる

“ 成長の段階 “ のとき。

ホロスコープ上では、

太陽と月が90°(スクエア)の角度をとり、

180°(オポジション)の満月へと開いてきます。


物事へのチャレンジや

達成を妨げる壁(障害)を

あらわにしてくれるかもしれません。

前進(成長)するエネルギーに、

負荷がかかるのです。

それは真っすぐに、より大きく

伸びて咲くための準備です。

この間に、新しい葉を広げ、

雨や風にも負けないように

エネルギーを蓄えています。

ちょうど4ハウスと5ハウスの
カスプ(境目)付近で

月とドラゴンヘッドが重なる上弦の月。

月の対岸の10ハウスと
11ハウスのカスプ付近では、
山羊座で土星とドラゴンテイル、
そして冥王星が重なります。

今日の上弦の月は、全体的に

理想や未来のビジョンを見据えて

ガンガン前進したい心と

うまくいくのだろうか・・どうしようかな・・

というような不安や葛藤や迷いなどが

起こりやすい配置だと感じています。

過去の失敗したというネガティブなイメージや
思考パターンの悪い癖、過去のトラウマや痛みに

モヤモヤと囚われやすくなるかもしれませんね。

勢いよく自由に飛び出したいような

前進する意欲とは相反する弱気な心に

足を引っ張られないようにしましょう。

ここから満月に向かって
意識しておくといいことは、

自分にとって大切なことや

大事にしている価値観を見直し

何が本当の幸せで、何を大切にしたいのか。

残りの人生をかけて、どう生きていきたいのか。

「人生において、自分にとって

大切なものの優先順位を決める」

「自分がここからどうしたいか」

ということが明確であるならば、

思うがままにトライしてみる!という

意志の力と思い切った行動力だと思います。

その意志や行動力を支えてくれるのは、

目に見える確固たる安心できるような

外側の世界に求める理由や根拠ではなく、

自分が見据えている未来や

向かいたい先を

まっすぐに「信じる心」です。

そして、同じ未来を見据えて

共創することのできるパートナーや

仲間と手を取り合っていくこと。

自分を信頼し、パートナーや仲間を信頼し

見据えている未来のビジョンを信頼する

意志と心が試される蟹座の上弦の月です。

ここから満月へ向かって

春分のあたりで芽吹いた
新たなビジョンを


現実に達成させていくための

最初の基盤づくりとなっていきます。

木星の逆行とともに、

今年に芽吹いた夢やビジョンを

更に熟考しながら

陽のパワーが高まっていく

夏至ポイントに向かって

より一層「自分らしい」開花へと

目標やビジョンを育んでいくときです。

これまでの変化や

歩いてきた道のりから、

新たなステージの一歩向こうへ。

人生の目的地へと到達するために、

蟹座の月が必要な知恵を

分けてくれるでしょう。

『あなたが残りの人生をかけて

大切にしたいことは何ですか?

5つ選んで書き出してください。』

私たちの、この肉体を纏った

人生の命の時間は限られているのです。

あなたの大切な心・身体、

エネルギー(お金や時間など)を

あなたの人生にとって

本当に大切にしたいと思う

人やものごとへ注ぐこと。

それは、自分らしい人生を

生きていくために。

本当に、自分の人生を愛し

大切にするために。

心から大切にしたいものを

大切にすることへ・・

与えられた命を使って生きましょう☆

テキストを追加する

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly