• Bach Flower Therapist Course

    バッチフラワーエッセンス

    セラピスト養成プログラム


    新規受講生募集中! 2018年11月スタート
     

    ※詳しい内容などは下記PDFで見ることができます

  • Bach Flowers Therapist Course

    バッチフラワーエッセンス・セラピスト養成プログラム
    New Programs Start on November 2018!

    バッチフラワーエッセンスは、1936年にイギリスの医師であり細菌学者、病理学者でもあった、エドワード・バッチ博士により開発された心や感情のバランスを取り戻すための自然療法です。心や感情のバランスを保つことが、身体の健康へも繋がると考えたバッチ博士が発見したこのシステムは、80年以上もの間、世界中で活用されています。


    バッチ博士は、「汝、自らを癒せ(Heal Thyself)」という言葉と共に、誰でもが自分で自分自身を癒せるようになることを目指し、このシステムを創られました。赤ちゃんからお年寄りまで、安心して使用することができ、動物や植物にも利用できるバッチフラワーエッセンスは、長年の実績で裏付けられた優れた癒しのシステムとして、現在では60ヶ国以上の国々で医師や看護師、獣医などにも使用されています。

     

    バッチ博士は自らの経験や研究の中で、病気の症状ではなく、病気の原因を癒すことを探求されています。本当に治療すべきなのは症状ではなく、病の本質である「心と魂の摩擦」であるという考えに至り、その摩擦の原因として人の心、感情に焦点をあて、その心の苦しみに調和をもたらすことで、病気を消滅させようと試みました。その生涯をかけて自然の中から、癒しの花や草木を見つけ出し、水と太陽で癒しのエネルギーを抽出し、誰にでも使える癒しのシステムを完成させたのです。

     

    私自身(山際春海)は、このバッチ博士の哲学にある、人間や病気というものだけを捉えるのではなく、魂と心と体の存在として捉え、本質的な心身を癒そうとするスピリチュアルでホリスティックな根源的な癒しのシステムに深く感銘を受けてきました。また、自分自身を癒すことやセラピーやカウンセリングセッションを通して、エッセンスを扱い癒すことのみならず、このバッチ博士の哲学から生き方の知恵や癒し手としてのあり方の学びを多くいただき、取り組みと研究をしてきました。

     

    このプログラムでは、長年フラワーエッセンスの研究や開発、バッチ博士の哲学の研究をされていらっしゃる東 昭史先生をお招きして、バッチフラワーエッセンスの基にある哲学、そして基礎から応用、セラピーの実践的なアプローチ法など、体系的にエッセンスの真髄を学んでいきます。

     

    バッチフラワーエッセンスを、ホリスティックな視点から活用・実践できる、真に力のあるセラピストを養成することを目指し、バッチ博士の哲学やエッセンスの原料植物、クライアントの診断方法などを幅広く、かつ深く学んでいただける内容です。東先生より38種類のエッセンスについて、バッチ博士の哲学と植物自体の研究に基づきながら、丁寧に幅広く解説していただき、山際春海よりセラピーの実践にフラワーエッセンスを取り入れるために、クライアントに対してどのようにアプローチするのか、その様々な手法と考え方を深く学んでいただきます。

     

    単にレメディの知識を得るのではなく、カウンセリングや実践研修を通して人を観察する(悩みや病気の本質を捉える)目を養い、自身や他者(クライアント)を癒す素晴らしいツールとしてのバッチフラワーエッセンスを扱いこなすことができるセラピストを目指していただきます。

     

     

     

    バッチ博士の遺産であるエッセンスとともに

    植物を愛し癒しを広げたいと願う皆さんと

    共に学べることを、こころより楽しみにしております。

     


    About Instructors

    講師紹介

    Guest Teacher
    東 昭史 / Akihito Azuma

    フラワーエッセンス研究家。

    植物療法を学ぶ中でバッチフラワーエッセンスと出会う。2002年より各地でバッチフラワーエッセンスの講座を開講。イギリスのバッチフラワーレメディーやベイリー・フラワーエッセンス、日本のファー・イースト・フラワーエッセンスなどを専門的に研究する。

     

    著書『バッチフラワー花と錬金術』(東京堂出版)
     『ファー・イースト・フラワーエッセンスガイドブック』(ホメオパシー出版)ほか

    山際 春海 / Harumi Yamagiwa

    MARIAFLORA 代表。英国IFA(国際アロマセラピスト連盟)認定アロマセラピスト、植物療法家(アロマテラピー、メディカル ハーブ、フラワーエッセンス、ハーバルアストロロジー)、心理療法家。全国のセラピストの育成や支援を行う傍ら、親子の心のケアと問題について実践と研究、児童心理学及び学校外教育について研究・活動を行う。

  • About Program & Details

    講座について

    対象者

    • 自然療法、心理療法、代替療法(セラピスト、ボディワーカー、ヒーリングなど)に従事する方、女性や子どもの教育やケアに関わる方等、バッチフラワーエッセンスを体系的に学び、セラピーやヒーリング、ボディワーク等の実践に取り入れていきたい方
       
    • バッチフラワーエッセンスを使ってセラピーやカウンセリングを行いたい方(セラピストを目指す方)
       
    • ご家族やお子様、ペットなどのケアに取り入れたい方 等

    募集定員

    12名

    申込期限は10月末日迄

    日程

    20回 (2018年11月~3月末終了予定)

    2018年11月7日スタート、毎週水曜日開催 ・各回とも 10:00~17:30(途中、ランチ休憩を挟みます。)

     

    ※MARIAFLORAでの講座コース開催が初回のため、講義終了時間が前後する場合がございますことを予めご了承ください。

    ご参加くださる皆様にとって質の高い学びの時間になるよう調整させていただきます。

    講師

    山際春海(MARIAFLORA代表)

    東昭史(フラワーエッセンス研究家)

    場所

    東京都杉並区 MARIAFLORAサロンスペースにて。

    ※アクセス詳細は受講者へお知らせ致します。

    受講費

    一般 ¥550,000- (税込)

    受講生・卒業生 ¥450,000(税込)

    ※バッチエッセンス38種類、テキスト代、修了証発行等、全て含めた金額となります。

    持ち物

    • ジュリアン・バーナード編『エドワード・バッチ著作集』(BABジャパン)※既にお持ちの方は申込時にお知らせください。
    • 筆記用具

    カリキュラム概要(全120時間)

      1.植物療法の歴史とフラワーエッセンス概論

      2.エドワード・バッチの生涯と業績

      3.エドワード・バッチの哲学 1 健康論と幸福論

      4.エドワード・バッチの哲学 2 健康論と幸福論

      5.エドワード・バッチの哲学 3 タイプ論

      6.エドワード・バッチの哲学 4 植物観

      7.フラワーレメディー各論 1 12ヒーラーズ

      8.フラワーレメディー各論 2 12ヒーラーズ

      9.フラワーレメディー各論 3 7ヘルパーズ

     10.フラワーレメディー各論 4 セカンド19

     11.フラワーレメディー各論 5 セカンド19

     12.フラワーレメディー各論 6 セカンド19

     13.フラワーレメディー療法家と診断 1 

     14.フラワーレメディー療法家と診断 2 

     15.カウンセリングの理論と実践 1 こころの仕組み(人間の心理)カウンセリング理論とフラワーエッセンス

     16.カウンセリングの理論と実践 2 深層心理の深堀法:ピールダウン手法とPEMとフラワーエッセンス

     17.カウンセリングの理論と実践 3 ゲシュタルト療法と感情の仕組みとフラワーエッセンス

     18.カウンセリングの理論と実践 4 エニアグラム理論、インナーチャイルドの癒しと人の心理の背景1とフラワーエッセンス

     19.カウンセリングの理論と実践 5 エニアグラム理論、 インナーチャイルドと人の心理の背景2とフラワーエッセンス

     20.カウンセリングの理論と実践 6 ハーバルアストロロジー(占星術)とフラワーエッセンス1

     21.カウンセリングの理論と実践 7 ハーバルアストロロジー(占星術)とフラワーエッセンス2

     22.様々な症例やセラピーと実践 1

     23.様々な症例やセラピーと実践 2

     24.ケース分析 1

     25.ケース分析 2

     26. 植物観察とフラワーレメディー研究

     27.発表会/修了式

    ●諸事項

    出席や課題提出等の条件を満たし、一定以上の理解度に達した受講生には、修了証を発行。

    参加申し込みが所定の人数に満たない場合、不催行もしくは延期になる場合あり。

    講師の諸事情や不可抗力などにより休講・日程変更になる場合あり。

  • Ask us anything!

    お申し込みはこちらから

    ご不明な点やご質問もこちらからご連絡ください。

All Posts
×